第1回 ザ・ナターシャ・セブンを歌う夜

2010年8月28日(土)

続く猛暑とはいえ、やはり盆を過ぎれば朝夕はそこはかと気温も和らぎ
虫の音さえも叙情として耳に届いてきます。
さて、新たな、冒険的な企画ライブとして
第1回「ザ・ナターシャ・セブンを歌う夜」が開催されました。
音楽、特にフォーソングの世界をもっとも身近に誰にも入り込めるところまで
近づけてくれた、「ザ・ ナターシャ・セブン」。
音楽の楽しさ、ギターを弾くウキウキ感、さまざまな楽器のアンサンブルの妙。
その豊穣な音楽感を持って世界の民謡(フォークソング)を私たちに紹介してくれた
日本で唯一の楽団と言って過言はないと思います。
フォークソングのバイブルとなる「107ソングブック」。
今夜もほとんどの曲がその中から歌われました。
100828_1

1.菅沼さん
 たまたま友人との待ち合わせ時間でふぉのへ寄った因果でトップバッター指名。
 趣旨を理解した選曲でカントリーソングを1曲。
2.西尾さんfrom中津川
 中津川といえば、ナターシャにとっても、一つの土壌でありステージのような
 処。その中津川からの参加といえば、これはもう大歓迎の方です。
 手慣れたギターフレーズも小気味よく聴かせてくれました。
3.こおろぎ会 戸締まり役会長
 若い頃に彼女がくれたレコードから1曲、そして日本でもいくつかの訳詞で歌われる
 クリス・クリストファーソンの曲を渋く歌います。
 さらに9月3日に飯田ライブが予定されている大塚まさじさんのコアな曲を披露。
4.どろんこ団「まひあ」
 30年にちかい年月を経て再会の3人。昔のコーラスをふぉのに蘇らせました。
 本人たちも大喜びです。
100828_2
5.久保田店長 ボーカル
 久保田店長のバンジョーとボーカルをフューチャーして納得のコーラスとMC。 
 水揚げ高が心配される今年のさんまの高騰のメカニズムをわかりやすく解説。
 やはりこの異常気象に原因ありか?でも心配いりません。今年もさんまは普通に
 食べる事ができるようです。
6.石川真理さん
 ナターシャソングをYOU TUBEで検索その結果、バンジョーの店長を引っ張りだし
 あの有名なアメリカンフォークを披露、そして先週も楽しいステージで歌ってくれた
 曲をリクエストされ、大歓声のなかで歌いきりました。
7.中島かおりんさんとと亭主
 もう5年近くも歌ってない歌を、亭主に無理矢理歌わされて歌詞もおぼろに
 なんとか1曲。
8.たんたんと
 根羽村を中心に、いいだウエイブファイナルにも出演した実力派チーム。
 やわらかな詩の世界をよく理解した曲作りでオリジナルを披露。長老水野さんは
 「たんたんと」と「えのきもどき」の大ファンで半追っかけ?だと言います。
 ただゆきえさんのボーカルに癒されました。
9.新井さん白子さん
 準備もないままでしたが、やはり飯田のフォークソングの字引のような
 存在の新井さんに高石友也を歌ってもらわないといけません。
 代表曲をしみじみと、白子さん初体験のギター伴奏もばっちりでした。
10.水野長老
 もう一人のフォークソングの字引である水野さんに「イムジン河」を
 雑貨店主とともに歌う。その高音コーラスはさすが重鎮のなせる技。
100828_3
 
 今、50代60代の人がギターを持って歌いだした人のほとんどが
 影響を受けた人物、高石友也、そしてナターシャセブン。1998年に約20年ぶり
 に再結成されたとき、私たちファンの喜びは筆舌に尽くしがたいものでしたが
 悲しいいかなそれは夢の3年間となり、今では再々結成は不可能なものとなってしまいました。
 せめて培われたフォーク魂の灯火を、我々は消さずに歌い続けたいものですね。
スポンサーサイト
プロフィール

管理人achipa

Author:管理人achipa
ふぉの
長野県飯田市中央通4 金太丸BLD BF
090-5810-6518(小島)
管理人へのメールはこちら

カテゴリ
リンク
リンク2
管理人からのお願い
レポート等に掲載されている写真の無断転載はご遠慮ください。 また、写真の掲載を望まれない方は管理人までメールにてお知らせくださいますようお願いいたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR