6/21第三土曜LIVEレポート

6月21日 第三土曜LIVE レポート

露ほどの梅雨も感じられない梅雨時。と思えばどこかの誰かが公の会議で女性蔑
視のヤジを飛ばしたとかで、釈明を求める署名が「嵐」のように集まっ ている
とか。雨夜空のようでも濡れるほどでもないので、傘も持たずに夕方の飯田市丘
の上の町並みをふぉのへ向かった。恒例の第三土曜日オープンマ イクに参加す
るため。この夜は最近の賑わいに比べればやや少なめの参加者。それでも8組と
いうそこそこの賑わい。時間的にも余裕の進行でお開きと なった。
出演者は以下の通り。(敬称略)

1.大平ギンジ
 エピフォンのジョー・パスモデルフルアコで登場。なかなか似合う。
 異色女優戸川純が歌った「蝉」。彼が傾倒するパンクミュージシャン遠藤ミチ
ロウから高田渡「おなじみの短い手紙」渡翁が若い頃愛した詩人
ラングストン・ヒューズの反戦詩。
2.小笠原
 ギターインストを得意とする小笠原氏。今夜は地元のサマー・フェスで提案し
たが却下されてしまったという朝ドラ「花子とアン」のテーマ曲「にじ い
ろ」。そしてボズ・スキャッグスの「We're All Alone」。最後は国民的名曲
「見上げてごらん夜の星を」押尾コータロー風に。それぞれにギターアレンジを
意識してのすばらしさ。
3.中島(雑貨店)裕志
 寄る年波か、この頃は死んで行く歌、死んで行った人を思う歌などが多くなっ
てきた。今夜は「終活三部作」というテーマで「I'll Fly A way」「母のお墓」
「年老いた山暮らし」
4.TOM石川
 これまた老い活ソング「風景」から、私も大好きなシンガー朝比奈逸人「もう
終わりさ」。先日亡くなったひがしのひとしさんの歌「マキシム」東野さんといえば、
毎年7月には京都で七夕コンサートを古川豪さん、三浦 久さん、豊田勇造さん
らと開いていた。辰野町オーリアドの三 浦さんも長年の 友人を亡くし悲しみも
言葉にならない事であろう。
5.久保田晃
 60歳を越えてバンジョーによる新しい曲への挑戦。リンカーンも愛したとい
う、おなじみの「デキシー」。「ラッシュ・イン・ザ・ペパー」。 「ジュ
リー・アン・ジョンソン」この曲は私も初めて聞いた。
6.中原秀樹
約半年ぶりの参加。マーチンD-28を弾きながらオリジナル3部作「だらら」「足
るを知る」。松本の市民劇団の劇中歌としても歌われているという 「あの空の
向こうにへ」。
7.花田
来週末天龍村「おきよめの湯」で開催される「お祭り」のお知らせを兼ねて参
加。曲はお得意の陽水でギターもなかなかのもの「カンカン照り」。かぐ や姫
から「僕の胸でおやすみ」。チャー「気絶するほど悩ましい」。ニューミュー
ジック系でまとめていました。
8.セット松下
最も愛するシンガー豊田勇造の「ジャニスになれなかった女の話」。そしてオリ
ジナル「追憶」イントロのギターがますますよい。最後はディランの 「I Shall
Be Released」
いつもより早めの終了となった後も、音楽談義で盛り上がる。筆者はマスター小
島さんとブルーグラス談義。年とともにこういう明るい音楽が何とも身 にしみ
るという話で幕を閉じた。さて7月のオープンマイクは、5日(土)フォーク酒
場。19日(土)第三土曜ライブ。多くの参加をお待ちしており ます。

20140621
スポンサーサイト
プロフィール

管理人achipa

Author:管理人achipa
ふぉの
長野県飯田市中央通4 金太丸BLD BF
090-5810-6518(小島)
管理人へのメールはこちら

カテゴリ
リンク
リンク2
管理人からのお願い
レポート等に掲載されている写真の無断転載はご遠慮ください。 また、写真の掲載を望まれない方は管理人までメールにてお知らせくださいますようお願いいたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR