12月6日 第79回 フォーク酒場

12月6日 フォーク酒場レポート

この飯田地方でも本格的に始まった冬。夕方からざっくりとした空の魂(たまし
い)がひとつづつ舞い降りていた。それが夜の帳を降ろす頃にはすっか り将軍
に成り代わっていた。そんな降りしきる雪の中、掬われそうな足元に気を配りな
がら地下室のライブハウスへ向かった。今年最後の「フォーク酒 場」である。
ほぼいつもの出演者と、この会は初めてだという人、忘年会帰りの絶好調潤滑な
人と…また楽しい音楽の夜だった。
さて出演者は下記の通り(敬称略)

1,伊藤陽一
 降雪のため奥様にいつもより早い門限を言い渡されたという。
 コアな歌、中島みゆきのクリスマスソング
 ディランの「My back pages」日本語版
 Beatles「Don't let me down」英語版
2,蟋蟀会代表
 奥様里帰りのため雪の中、徒歩参加。
 Melanieの「Brand New Key  心の扉を開けよう」懐かしい!これも青春だ。
 大塚まさじ「北の果て行き急行列車」
 朝野由彦「長い手紙」
3,中島(雑貨店)裕志
 佐久間順平「猿股のうた」
 小学生のとき好きだった北原謙二「ふるさとの話しをしよう」
 加川良「あした天気になあれ」いつものように歌詞を間違えていた。
4,小笠原
 歌ものフォーク、季節感ある選曲。
 ふきのとう「白い冬」
 桑田佳祐「白い恋人達」
 そしてこの時期の定番、山下達郎「クリスマス・イブ」
5,水野長老
 40年前に大阪難波「ディラン」を訪れたというすごい話しから始まった。
 吉永小百合「寒い朝」
 高石ともや「ベトナムの空」これはコア!音源もなかなかない歌。
 森山良子「愛する人に歌わせないで」。選挙を前にして、しみじみと心に降り
てくる反戦の歌。
6,宮下成士
 フォーク酒場は自分のカテゴリーとは違う。ということでずっと来なかった
フォーク酒場であったが、
 佐野元春「情けない週末」
 中島みゆき発、吉田拓郎「永遠の嘘をついてくれ」実は二人は怪しかったとい
う裏話まで
 映画「野生の証明」テーマ 町田義人「戦士の休日」「成士の休日?」
7,大平ギンジ
 あずみ発 遠藤ミチロウ歌がソースという「ホワイトソング」
 高田渡「銭がなけりゃ」
 遠藤ミチロウ訳詞「Mr.Bojangles」この詞もなかなかのもの
8,エヴリマン・武田
 シンディ・ローパー「Time after time」をギターインスト
 続いて「Santa claus is coming town」
 朝ドラ「マッサン」のテーマから中島みゆき「麦の唄」
9,セット松下
 腰を案じてギター持たずの参加。
 OREAD三浦さんにも絶賛だったという、西岡恭蔵の「我が心のヤスガズ・
ファーム」
 人権問題を歌った唄なのだろうか?ディラⅡ「子供達の朝」
 武満徹、谷川俊太郎コンビの「死んだ男の残したものは」ベトナム戦争の記憶
もまた消さないようにしたい。
10,久保田晃 店長
 今日はお袋さんのバースデイ・パーティからの参加。
 バンジョインスト「Lush & pepper」
 「Sally Ann」
 唄入りで「青い山脈」
11,きんでん
 業界の忘年会の帰り道ということで いい感じのほろ酔いでタイムリー参加
 指回りも滑らかに出囃子ギター「恋は水色」
 会場からのリクエストに応えて南沙織「17才」
 「潮騒のメロディ」

今年いっぱいのふぉのの予定は、12月20日第(土)三土曜日ライブ、12月29日
(月)「噛年会ライブ」皆さんの参加お待ちしています。
年明けて1月3日(土)新春ライブ・フォーク酒場。お待ちしています。
(中島雑貨店主)

20141206
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人achipa

Author:管理人achipa
ふぉの
長野県飯田市中央通4 金太丸BLD BF
090-5810-6518(小島)
管理人へのメールはこちら

カテゴリ
リンク
リンク2
管理人からのお願い
レポート等に掲載されている写真の無断転載はご遠慮ください。 また、写真の掲載を望まれない方は管理人までメールにてお知らせくださいますようお願いいたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR